Drag and Drop

Drag and Drop

Appleが、WWDC2017におけるセッション「Introducing Drag and Drop」において、iPadで利用可能な、Drag and Dropについて説明しています。

iPadにのみ追加した理由は、iPadとiPhoneとで求められる作業が違うためと説明しています。


これは、AppleもiPadのライバルは、他社製タブレットではなく、画面が大きくなったiPhoneがライバルだと思っていると考えられます。

iPhoneのiOS 11ではDrag and Drop機能は利用出来ませんが、手順を踏むことで、コピー&ペースト、ファイル移動は使用できます。


macOSの場合、テキスト選択し、そのままドラッグ&ドロップして、メール本文などにコピーできるクリップ移動が出来ますが、これもクリップボードの動作を視覚的に表現した機能です。

また、Drag and Dropの動的表現は、これまで、ホーム画面でアプリを移動したりする場合に使用されてきました。


Drag and Dropの動的表現によるメリットは、ペーストする場所を視覚的に確認することが可能なことで、これは、macOSにも通じる部分です。

ファイルを保持しながらマウスカーソルで画面上を動かすのと同じです。


自由に写真を配置可能なボードがあると仮定し、これまでは選択してコピー、ボード上にペースト、適した場所に移動するという動作が必要でしたが、それが1回の動作で完了することになります。

内側の手順としては変わっていませんが、UI表現としては「簡単」になったと感じるはずです。


また、WWDC2017におけるセッション「Building Great Document-based Apps in iOS 11」において「Files App」について解説し、iPadとiPhoneとでは分割表示されるか否かの違いがあります。

これまでは「見やすい」だけだったのが、Drag and Dropによって「iPadの方が簡単」という印象に変わります。


ローカルドライブの書類、アプリ内ファイル、iCloud Drive、サードパーティのクラウドサービスにアクセスできます。

iCloud Drive同期も可能で、ファイルを開く、入れる、編集する、カラータグを付ける、ファイルを共有する事などが可能です。


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する