300 x 250 広告ユニット

300 x 250 広告ユニット

Googleが、Inside AdSenseにおいて、広告の配置に関するポリシーに関し、モバイルサイト レイアウトにおけるスクロールせずに見える範囲に 300×250以上の広告ユニットを配置する制限を撤廃すると発表しています。

これまで通り、スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウトはポリシー違反となりますが、モバイルサイト レイアウトにおける、スクロールせずに見える範囲に 300×250(またはそれより大きい)広告ユニットを配置しても、コンテンツが十分露出していればポリシー違反とは判断されることはなくなりました。

これはDoubleClick Ad Exchangeと同じ考え方となります。


モバイル向けの配置方法

モバイル向けの配置方法

これまで、広告の配置に関するポリシーの「スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウト」にあった「モバイル向けの配置方法: スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるモバイルサイト レイアウトは避けてください。スクロールせずに見える範囲に 300×250(またはそれより大きい)広告ユニットを配置することは許可されていません。このような配置方法によって、ユーザーはサイトのコンテンツを 見るためにスクロールしなければならなくなるからです。ユーザーの利便性を考慮して、サイトのコンテンツはスクロールせずに見える範囲にはっきりと表示す る必要があります。モバイルサイトのこの範囲には、300×250 より小さい広告ユニットを配置することをおすすめします。」の記述を削除しています。


特に有効なモバイルウェブ向けの最適化テクニック

特に有効なモバイルウェブ向けの最適化テクニック

マルチスクリーン対応ガイドライン「モバイルウェブ向けの最適化」で説明されているように、スクロールしなければ見えない位置に配置された 300×250 の広告ユニットでは、50% 程度の視認可能率が得られるため、広告スペースの効果を最大化できることが判明しているそうで、ユーザーエクスペリエンスを確保することにつとめる事は重要だとしています。



PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する