Juice Pack Air for iPhone 3G

Juice Pack Air for iPhone 3G

フォーカルポイントコンピュータが販売する、MophieのiPhone 3G/iPhone 3GS用ケース一体型バッテリー「Juice Pack Air for iPhone 3G」を購入しました。

この製品は「Works with iPhone」取得製品で、iPhone 3G/3GSが完全放電状態でも充電することができるようです。また、バッテリー容量は1200mAhなので、iPhone 3G/3GSを8割ぐらい充電出来ると考えられます。


箱を開けると、硬質スポンジで型取られた枠の中にJuice Pack Air for iPhone 3Gが納められていて、Juice Pack Air for iPhone 3Gのケース内には、iPhone 3G/3GSの形に合わせてデザインされたマニュアルが入っています。このマニュアルは日本語を含めた各国語で書かれています。

その他の付属品として、USBケーブルが入っています。


Juice Pack Air for iPhone 3Gは、上3分の1が、ガイドレールに沿ってはまる仕組みになっていて、トップ部分のガイド側は、柔らかめの厚みが持たされています。


背面には、バッテリーの残量を示す青色LEDが4つ埋込まれていて、ボタンを押してみたところ全て点灯しました。

おそらく、出荷時にフル充電されているのだと考えられ、買って直ぐに使いたい方には、結構有益な状態だと思います。

このJuice Pack Air for iPhone 3Gには、兄弟製品として、バッテリー容量1800mAhの「Juice Pack for iPhone 3G」も発売されていますが、絶えず給電供給する仕組みだったのに対し、iPhone 3Gへの給電をオン/オフ出来るスイッチが付けられています。

アップルのiPhoneのバッテリーについてで説明があるように、まず、iPhone 3G/3GSのバッテリー使って、次にJuice Pack Air for iPhone 3Gを使用する方が良いと思います。


Juice Pack Air for iPhone 3Gの本体部分にiPhone 3GSを装着してみました。きつめにガッチリとはまるため、基本は、装着した状態で使用することになると思います。

Juice Pack Air for iPhone 3GとiPhone 3GSの間に、くぼみが設けられていて、スピーカーの音を妨げないように配慮されてるようです。


Micro-USB

Micro-USB

このJuice Pack Air for iPhone 3GのUSBコネクターは、USB Implementers Forumが、2007年に仕様策定した携帯電話など小型機器向けの小型USBコネクタ規格「Micro-USB」が採用されていて、欧州委員会が、携帯電話の充電器を統一する規格として採用したコネクター形状で、Apple、LG電子、Motorola、NEC、Nokia、Qualcomm、Research In Motion、Samsung、Sony Ericsson、Texas Instrumentsの10社が合意したメーカーとして発表されています。

このMicro-USBからUSBコネクタ経由で、バッテリー充電だけでなく、iPhone 3G/3GSをiTunesと同期させる事も出来ます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する