Anker PowerHouse 200

Anker PowerHouse 200

アンカー・ジャパンが、自宅のコンセントを持ち運ぶような感覚で使える小型 ポータブル電源「Anker PowerHouse 200」を販売開始しています。

ポータブル電源「Anker PowerHouse」の実用性はそのままに、さらなる持ち運びやすさと使いやすさを追求したポータブル電源の小型化&進化モデルです。


Anker PowerHouse 200

Anker PowerHouse 200

バッテリー本体への充電は、付属の38W(17.6V/2.2A)DC電源アダプタで行うか、表側にあるUSB-Cポート経由で、USB PD/60W充電で行います。

付属のDC電源アダプタは小型で軽量を意識しているためか出力量が少なく、本体を充電するのに時間がかかります。

太陽光充電する場合は「Anker PowerPort Solar 60」などが別途必要です。


Anker PowerHouse 200

Anker PowerHouse 200

USB-A 出力は最大15W(5V/3A)で、USB to Lightningケーブルを使用してiPhoneを充電する場合、約14回以上充電することが可能です。

Anker PowerHouse 200は、USB-C ポートもしくは DC 入力ポートから本製品を充電しながら、シガーソケットとAC電源を通じて別の接続機器へも同時に充電することができます。


Anker PowerHouse 200

Anker PowerHouse 200

USB-Cポートは、USB PD/15W(5V/3A)、27W(9V/3A)、USB PD/30W(15V/2A、20V/1.5A)出力に対応しています。

iPad Pro (11-inch)、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation)への充電は余裕で行えます。


Anker PowerHouse 200

Anker PowerHouse 200

AC出力は100Wあるため、Apple 87W USB-C電源アダプタを接続し、USB-Cケーブル経由でMacBook Pro (15-inch, Late 2016)を充電する場合、USB PD/86W充電が可能です。

電源が取り辛い場所でMacの作業を行う場合に便利です。


Anker PowerHouse 200

Anker PowerHouse 200

AC出力にeGPUの「GIGABYTE RX 580 Gaming Box」を接続し、RX 580 Gaming BoxとMacBook Pro (15-inch, Late 2016)をThunderbolt 3ケーブルで接続してみました。

eGPUとして機能し、MacBook Pro (15-inch, Late 2016)へはUSB PD/100W充電が行われていました。

ただ、Anker PowerHouse 200のバッテリーの減りはかなり早くなります。


関連エントリー
アンカー・ジャパン、次期製品などを紹介する「Anker Power Conference '18 Autumn」を開催
Anker、ニューヨークで新製品発表会「Anker on Board」を開催



PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する