Parrot Mambo Fly Drone

Parrot Mambo Fly Drone

Swift Playgroundsを使って、Parrotのドローン「Parrot Mambo Fly Drone」をプログラミングで飛ばしてみました。

iPhoneアプリで操作できるドローンは無数にありますが、プログラミングによって操作可能なドローンは数が少ないと思います。


Parrot Mambo Fly Drone

Parrot Mambo Fly Drone

550mAhのバッテリーで約9分間自動飛行させることが出来ます。

充電は、付属のmicroUSBケーブルを使用し、2.1A充電器を使用した場合約30分で満充電になります。

Parrot Mambo Fly Droneの重さは65gで、航空法が定める無人航空機には該当しませんが、屋外で飛ばす場合は、プロペラガードを装着するなどの安全対策を施す必要があります。


FreeFlight Mini

FreeFlight Mini

iPhone/iPadアプリ「FreeFlight Mini」を起動して、Mamboとコネクションが完了したら操作することが出来ます。

480x640画素のカメラは本体の下に装備されており、ナビゲーション表示は使えません。

3軸加速度計、3軸ジャイロスコープ、超音波センサー、圧力センサーなどにより安定性はかなり高いです。


Swift Playgrounds

Swift Playgrounds

Appleが提供するプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」はiPad用のみとなります。

アプリを起動して、アクセサリータブから「Parrot Education」を選択してダウンロードを行います。

プログラミングを実行するために、FreeFlight Miniアプリも必要になります。


Parrot Education

Parrot Education

Parrot Educationを開くと、Parrot Mambo Fly Droneをプログラミング操作するためのコード記述の説明が表示されます。

アプリ内で、ある程度のコードサジェスト入力が可能ですが、小学生では難しいレベルかもしれません。

コードを実行し、上手くParrot Mambo Fly Droneを飛ばせて着陸させることが出来れば次のステップに進めます。


Parrot Education

Parrot Education

Parrot Educationには18個の課題(オプションアクセサリー用含む)が用意されています。

途中の「宙返り」の課題から、かなりコードレベルが上がります。

プログラミング学習のおもちゃとして考えた場合、かなり優秀だと思います。




PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する