M-SOUND MS-TW1

M-SOUND MS-TW1

エム・エス・シーが展開する、オリジナルオーディオブランド「M-SOUNDS」の、完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「MS-TW1」を試してみました。

左右イヤホンが分離したフルワイヤレスのBluetoothイヤフォンです。

Bluetooth 4.2接続で、SBCコーデックのみに対応しています。


M-SOUND MS-TW1

M-SOUND MS-TW1

同梱されているのは、イヤフォン本体、充電兼用収納ケース、microUSBケーブル、イヤーチップ(大、中、小)となっています。

駆動時間は通話と音楽再生ともに最大2.5時間で、待受けは最大100時間となっています。


M-SOUND MS-TW1

M-SOUND MS-TW1

MS-TW1の重さを量ってみたところ、2つで9gでした。

AirPodsの本体ユニット2つの重さは8gなので、AirPods並みに軽量なユニットとなっているようです。


M-SOUND MS-TW1

M-SOUND MS-TW1

MS-TW1とiPhoneとのペアリングは、まずケースから親機にしたい片方ユニットを取り出し、電源ボタンを長押ししてペアリングモードにします。

iOSの設定>Bluetoothから「MS-TW1-X」を選択し、ペアリングを確立します。

その後、もう片方のユニットをケースから取り出し電源を入れると、自動的に親機とペアリングが確立されます。


M-SOUND MS-TW1

M-SOUND MS-TW1

実際にMS-TW1を装着してみました。

一般的なBluetoothヘッドセットを装着しているよりも軽量なため、重さを感じることはありません。


M-SOUND MS-TW1

M-SOUND MS-TW1

ユニットの電源ボタン部分をクリックすることで、音楽再生などの操作が行えます。

なお、親機設定したユニット側で通話が可能になります。


M-SOUND MS-TW1

M-SOUND MS-TW1

Apple Musicから楽曲再生して、MS-TW1で視聴してみました。

低音が目立たず、中高音重視のためか、iPhone側の音量レベルをジャンルによって調整する必要があります。


Audio Frequency Analyzer

Audio Frequency Analyzer

トオンのiPhone用オーディオ測定アプリ「Audio Frequency Analyzer」を使用し、YouTubeにある「20Hz to 20kHz (Human Audio Spectrum)」を再生し、1/3オクターブ・スケールで対数表示してみました。

中音域から持ち上がる感じで、ボーカル重視のチューニングとなっている感じです。



PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する