Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

Zound Industries Internationalが、Marshallブランドのヘッドフォン「Marshall Major II」をベースに、Bluetooth接続に対応したワイヤレスヘッドフォン「Marshall Major II Bluetooth」を発売したので試してみました。


Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

密閉ダイナミック型/40mmドライバーユニット採用/インビーダンス64Ω /再生周波数帯域/10HZ〜20KHZなどの仕様を踏襲し、Bluetooth対応となった製品です。

バッテリー駆動で連続再生時間は約30時間となっています。

3.5mm ステレオミニプラグを接続して有線ケーブルでも利用可能となっています。


Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

左側のヘッドユニットに、Bluetooth接続時に操作可能なアナログコントロールノブが搭載されています。

金属製のシンプルなノブで、クリック操作で再生・停止・曲送り/曲戻し・音量の調節が行えます。


Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

着脱式の3.5mmカールコード(ダブルエンドコイル)は、金メッキ仕様のプラグが採用されています。

また、コードを使って2台で接続することにより、音源の共有が可能となっています。

本体を充電するためのmicroUSBケーブルは、Marshallロゴとデザインがされた同色仕様となっています。


Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

MAJOR II本体の重さは174gなのに対して、Marshall Major II Bluetooth本体の実重量は172gとなっています。

Bluetoothモジュール、バッテリーなどが追加されているにも関わらず、ラインケーブルが無いことを考慮しても、軽量化がかなり行われていると思います。


Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetoothは、ヘッドユニット部分を、ヘッドバンドの内側に折り畳むことが可能で、携帯製に優れています。

収納ポーチなどは付属していません。


Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II BluetoothとiPhoneとのペアリングは、Marshall Major II Bluetooth本体電源ボタンを2回押して、LEDランプが青色点滅するとペアリグング待ち状態となります。

iOSの設定>BluetoothでMarshall MAJOR II BLUETOOTHが表示されたら、それをタップすることでペアリグングは完了します。

次回からは自動接続されます。


Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II BluetoothでApple Musicで音楽再生して試聴してみました。

思った以上に音量がありますが、サウンド自体は柔らかい印象を受け、長時間聞きやすいようチューニングがされているように感じます。


Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetoothを装着してみました。

デザインは良いのですが、使用されているプラスチックパーツの質に高級感が感じられないのが残念な気がします。

オンイヤーヘッドフォンとしては装着しやすい部類に入ると思います。


Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetooth

Marshall Major II Bluetoothにラインケーブルを接続し、3.5mmヘッドフォンジャックを搭載したiPhone 6sで使用してみました。

Bluetooth接続の場合よりもフラットで、モニターヘッドフォンを使用している感じのサウンドになります。

ケーブルには、マイク付きワンボタン式リモコンが搭載されています。


Audio Frequency Analyzer

Audio Frequency Analyzer

トオンのiPhone用オーディオ測定アプリ「Audio Frequency Analyzer」を使用し、YouTubeにある「20Hz to 20kHz (Human Audio Spectrum)」を再生し、1/3オクターブ・スケールで対数表示してみました。

ケーブル接続の場合、中音・中高音域が少しブーストされる感じですが、全体的にフラット傾向のサウンドとなります。


Audio Frequency Analyzer

Audio Frequency Analyzer

Bluetooth接続の場合、低音域から超高音域に向かってブーストされます。

ロックやポップス向けのチューニングがされている感じです。

また、ケーブル接続の場合と比べて、かなり音量がアップします。


関連エントリー:CES2016:Zound Industries、MarshallのBluetoothヘッドフォン「Marshall Major II Bluetooth」を展示




PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する