mophie space pack Case for iPhone 5 and iPhone 5s

mophie space pack Case for iPhone 5 and iPhone 5s

Apple Storeで限定販売されている、フォーカルポイント取り扱いの、mophie製ストレージ内蔵バッテリーケース「mophie space pack for iPhone」をチェックしてみました。

バッテリー容量は1,700mAhで、ストレージは16GBと32GBの2種類が用意され、iPhoneアプリ「Space - Leave no file behind」を利用して、写真や動画などのファイル管理することが出来ます。


バッテリー容量1,700mAhの「Mophie Juice Pack Air for iPhone 5」をベースにしたモデルのようで、バッテリー残量を知るためのボタンが、シルバーになっているという外観上の違いしかありません。

Mophie Juice Pack Airとの価格差は、7820円(16GB)/11820円(32GB)となっています。

iPhoneは、後から、本体内のストレージ容量を増やす事が出来ないので、ローカルストレージ機能は結構便利だと思います。


Mophie Juice Pack Airと同じく、底面部分のみ外せる仕様のため、バッテリーケースを全部外す事無く、iPhone 5sのLightningコネクタにアクセスでき、Lightningコネクタ搭載のオーディオ機器にも接続することが容易になると思います。


Space - Leave no file behind

Space - Leave no file behind

iPhone 5sにmophie space pack for iPhoneを装着し、iPhoneアプリ「Space - Leave no file behind」を起動してみました。

トップ画面に、Photos、Videos、Music、Documents、Other Files、All Filesボタンが表示されます。

このSpaceアプリを経由して、バッテリーケース側のストレージにアクセスすることが出来ます。


設定から、カメラロールの同期、スリープモード設定などを行う事が出来ます。

パスコードロックも設定可能で、別のユーザーが装着しても、アクセス出来ないようにすることが出来ます。


Spaceアプリの左上にあるカメラボタンをタップすると、写真撮影と動画撮影が可能なカメラが表示されます。

このSpaceアプリのカメラ機能を利用すると、保存先がmophie space pack for iPhoneのストレージになり、iPhone 5s本体には保存されません。

元々、ファイルサイズが大きくなる動画撮影などは、Spaceアプリのカメラ機能を利用すると、iPhone 5s本体のストレージを圧迫しなくなると思います。


iPhone 5sに、mophie space pack for iPhoneを装着したまま、Macと接続してみたところ、iTunesとの同期を行う事が可能でした。

また、ストレージ領域が、SDHCカードのようにデスクトップにマウントされます。


フォルダを開くと、DCIMフォルダが作成されていました。

どうやら、mophie space pack for iPhoneは、SDHCカードのような振る舞いをする設計になっているようで、iTunes for Macのアプリ共有機能を使用するのではなく、直接マウントされているフォルダにコピーするだけで、ファイルの追加が行えるようです。

これまで、有りそうで無かった仕様となっており、写真や動画をたくさん撮影する方には便利に使えると思います。




PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する