AssistiveTouch

AssistiveTouch

Appleが、WWDC21において、watchOS用に構築されたSwiftUIアプリに視覚および運動機能のアクセシビリティ・サポートを紹介する「Create accessible experiences for watchOS」を公開しています。

watchOS 8には、上半身に障害のある方が、ディスプレイに触れることなくApple Watchを片腕で使用できる「AssistiveTouch」が搭載されます。


大きなアクセシビリティ テキスト サイズ

大きなアクセシビリティ テキスト サイズ

watchOS 8は、Reduce Motion(視覚効果を減らす)、Bold Text、および今年の新機能である大きなアクセシビリティ テキスト サイズなど、いくつかの表示機能も提供します。

大きなアクセシビリティ テキスト サイズが導入されたことで、これをユーザーが選択した場合、テキスト情報が全表示されなくなる場合があり、それを防ぐために、Dynamic Typeとラベルとボタンのそれぞれを積み重ねる新しいPlantViewを使用することで回避できます。


AssistiveTouch

AssistiveTouch

AssistiveTouchは、Apple Watchを装着している手だけを使用して、タッチせずにApple Watchを完全に使用できます。

ユーザーは、手のジェスチャーまたは手の動きを使用して、画面上でカーソルを移動でき、画面のコンテンツに基づいて追加機能にアクセスするためのメニューを表示できます。

AssistiveTouch を使用する主な方法は、手のジェスチャで、手を握り締めてタップ、手を2回握り締めてしてアクションメニューを表示、手の指を広げる動作で次の要素に移動、手の指を2回広げる動作で前の要素に戻るなど、さまざまなジェスチャを実行できます。


AssistiveTouch

AssistiveTouch

手のジェスチャーを使用できない場合は、代わりに手の動きを使用します。

手首を傾けることで、画面上のポインターを動かし、UI 要素を操作できます。

iOS の AssistiveTouch と同様に、滞留コントロール(Dwell Control)を使用すると、要素の上にポインターを置くことで、一定時間アクションを実行できます。


AssistiveTouch

AssistiveTouch

AssistiveTouch は、カーソルとアクション メニューの 2 つの主な機能で構成されていて、AssistiveTouch をオンにすると、画面にカーソルが表示されます。

カーソルは、左上から右下の順に、画面上の各要素に一度に 1 つずつフォーカスします。

AssistiveTouch アクション メニューには、Digital Crown を押すなどのデバイスの制御を可能にするデフォルトのシステム アクションが付属しています。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する