WSJ

WSJ

WSJが、Apple Watchに詳しい幹部からの情報として、4年前から開発が始まり、血圧、心拍数、活動量、ストレスレベルを測定出来るリング型ヘルスモニターデバイスが想定されたが、仕組みが複雑過ぎたり、上手く動かなかったりしたため、搭載される予定だった多くの機能は見送られたようだと伝えています。

Appleは、スマートウォッチの目的を定義するのに苦労し、消費者が必要とするか、またはそのようなデバイスを欲しがる理由と格闘していたようです。


Appleが出した答えは、ファッションとして購入する、iPhoneで見るよりも、Apple Watchの画面で地図を見る、活動量測定を行うなど、現在提案されている全てのようです。

製品開発は困難を極め、社内では、プロジェクトがリソースを吸い込む「ブラックホール」と呼ばれるほど、Apple Watch開発のために、多くの技術者が移動となっていたようです。

ヘルスセンサーは、ストレスを測定するため、嘘発見器で使用される概念を皮膚の導電率測定センサーとして取り入れ、心拍モニタリングを併用して導き出すはずが、毛むくじゃらの腕や乾燥肌の腕では上手く測定出来ず、活動量と心拍センサーで計測することを選んだそうです。

また、血液中の酸素量を検出する実験も行っていたようですが結果は一致せず、健康や行動のアドバイス機能についても、米国食品医薬品局またはその他の規制当局からの承認を必要とするため、搭載されたアドバイス機能は限られてしまっているそうです。


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する