etc / サポート

Apple、自分でiPhoneやMacを修理できる「Self Service Repair」を2022年初めにアメリカから提供開始

Self Service Repair

Self Service Repair

Appleが、純正部品、工具、マニュアルを使用し、iPhone 12、iPhone 13を個人の消費者が自己修理できる「Self Service Repair」を発表しています。

2022年初めにアメリカから提供を開始し、2022年中に順次提供国を拡大する予定だそうです。

M1チップを搭載したMacにも間もなく導入される予定で、このプログラムでは、5,000社以上のApple正規サービスプロバイダ(AASP)および2,800社以上の独立修理業者が、これらの部品、ツール、マニュアルを利用することができるそうです。


Self Service Repair

Self Service Repair

このプログラムの第一段階では、iPhoneのディスプレイ、バッテリー、カメラなど、最も一般的に修理されるモジュールに焦点が当てられ、2022年後半には追加の修理も可能になる予定だそうです。

自己修理を希望する方は、修理マニュアルを確認し、そして、Apple Self Service Repair Online Storeで、Apple純正の部品やツールを注文します。

修理後、使用済みの部品をリサイクルのために返却すると、購入金額に応じたクレジットが付与されるそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事