etc / サポート

MacBook Pro (Late 2016) の本体熱によってキーボードのキートップが変形し、タイピング音が大きくなる問題は修理対応可能

MacBook Pro (15-inch, 2016)、MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)、MacBook Pro (13-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)には、第2世代のバタフライ構造を採用したキーボードが採用されています。

このキーボードは、本体熱によってキートップが変形し、キーボード打刻時に従来よりも音が大きくなる場合があるようです。

この新しいキーボードは、旧MacBook Proのようなキーボード全てを交換するのではなく、キートップ単体で交換することが可能で、音が大きくなったと確認されるキーのみを修理交換することが可能となっています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事