etc / サポート

ThunderboltをBoot CampのWindows 7で利用する上での制限事項

Apple Thunderboltケーブル

Apple Thunderboltケーブル

Appleが、サポート情報「Boot Camp および Windows 7 で Thunderbolt を使う」を公開し、Apple Thunderboltケーブル (2.0 m)をBoot CampのWindows 7で利用する上での制限事項について説明しています。

Boot CampのWindows 7では、起動時にThunderbolt周辺機器が接続された状態で起動しないと認識されず、また、一旦取り外してしまうと、再度認識させるために、Windows 7を再起動する必要があるそうです。

また、Thunderbolt周辺機器が差し込まれているとき、Windows 7 ではスリープが無効になるそうで、また、MacBook Pro (17-inch Early 2011)のPCI Express カードの「プラグアンドプレイ」は動作しないそうで、PCI Express スロットを使うには、Thunderbolt周辺機器を切断または取り外す必要があると説明がされています。


関連エントリー
Thunderboltケーブルを使用したターゲットディスクモードをチェック
Apple「Thunderbolt Firmware Update」の配布を開始
Blackmagic Design、Thunderbolt対応2K/3Dキャプチャーボックス「UltraStudio 3D」の実働デモ展示レポート
Computex 2011:Intel、Thunderbolt RAIDなどを展示(ベンチマーク動画有り)
Computex 2011:PROMISE Technology、Thunderbolt対応RAIDシステム「PROMISE Pegasus」を展示
Thunderboltのシステム要件は、Mac OS X 10.6.8以降が必要
iMac (Mid 2011)のターゲットディスプレイモードは、Thunderbolt搭載Macでしか利用出来ない
MacBook Pro (Early 2011)のThunderboltディスク利用は、Mini DisplayPortケーブルではなく、Thunderboltケーブルが必要
EE Times Japan:Intel「Thunderbolt」説明会を開催、コントローラーは2種類ある
Thunderboltケーブルは、接続端子にトランシーバーチップを搭載している


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事