ソフトウェア

Blackmagic Design、新しいクラウドコラボレーションを追加した「DaVinci Resolve 18」を発表

DaVinci Resolve 18

DaVinci Resolve 18

Blackmagic Designが、リモートコラボレーションを可能とするBlackmagic Cloudのサポート、DaVinciプロキシワークフロー、 新しいAIベースのResolve FX、強化された字幕機能、Fairlightの固定バスからFlexBusへの変換などに対応した「DaVinci Resolve 18」を発表しています。


Blackmagic Cloud

Blackmagic Cloud

クラウドベースのワークフローで新しいリモートコラボレーションを提供する メジャーアップデートで、ユーザーは「Blackmagic Cloud」でプロジェクトライブラリをホストし、世界中の複数のユーザーと同じタイムラインでリアルタイムで共同作業できます。


DaVinci Resolve 18

DaVinci Resolve 18

インテリジェントなメディアロケーション管理に対応しており、コラボレーショ ンでの作業時にメディアを独自のファイルパスにすばやくリンクできます。

リモート作業を行う際に、 アセットを手動で再リンク・検索する必要はありません。


DaVinci Resolve 18

DaVinci Resolve 18

Dolby Atmos、Auro 3D、MPEG-H、NHK 22.2、SMPTEなどのイマーシブ・オーディ オフォーマットを含む、最新の業界標準オーディオフォーマットをネイティブサポートしています。

これにより、Dolby 7.1.4ミックスをレンダリングして、2つのオーディ オチャンネルだけでイマーシブ音声体験を維持し、ヘッドフォンで再生できます。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事