ソフトウェア

M1MacとmacOS Big Surに完全対応したMacメンテナンスソフト「BuhoCleaner」を試す

BuhoCleaner

BuhoCleaner

Dr.Buhoが販売する、M1MacとmacOS Big Surに完全対応したMacメンテナンスソフト「BuhoCleaner」を試してみました。

Macのパフォーマンス向上を目的としたクリーンアップアプリで、ワンクリックの簡単操作でストレージに存在するジャンクファイル、重複ファイル、大容量ファイルを削除でき、ストレージの空き容量を増やして、Macを常に快適な状態にしてくれます。


BuhoCleaner:クイックスキャン

BuhoCleaner:クイックスキャン

ソフトウェアを起動したら、クイックスキャンを選択し、スキャンボタンをクリックすると、ディスク全体のスキャンが実行されます。

スキャンが完了すると、検出したジャンクファイルが表示されます。

今回は、システムジャンク770MB、アプリジャンク1.02GB、ブラウザジャンク52.4MBで、合計1.84GBものジャンクファイルが検出されました。


BuhoCleaner:ユーザキャッシュ

BuhoCleaner:ユーザキャッシュ

各ジャンクファイルの情報に関して、詳細情報を確認することも出来ます。

削除しても良い場合は「削除」ボタンをクリックします。

詳細情報から、カテゴリ毎に削除する/しないを選択することも可能です。


BuhoCleaner:アンインストーラ

BuhoCleaner:アンインストーラ

アンインストーラは、通常アプリケーションをゴミ箱に入れて削除するのとは異なり、アプリケーションに付属しているすべての関連ファイルを見つけ、それらも同時に消去してくれます。

Macに不要なプログラムを一掃するだけでなく、ジャンクファイルが残らないように削除してくれます。


BuhoCleaner:大容量ファイル

BuhoCleaner:大容量ファイル

大容量ファイルは、Macで見つかったすべての大容量ファイルの全体像を見て、それらを完全に削除することができます。

サイズ、種類、アクセス日に基づいてファイルを並べ替えると、Macから削除できる大きなアイテムを確認できます。

削除するファイルのチェックボックスをオンにして、削除をクリックして完了です。


BuhoCleaner:重複ファイル

BuhoCleaner:重複ファイル

重複ファイルは、Mac内にある重複ファイルを検出し、削除することが出来ます。

ターゲットディレクトリを選択し、 ホームアイコンをクリックして、ホームフォルダ下のすべてのファイルをスキャンできます。

重複ファイル結果が表示されたら、内容を確認後、削除するファイルを選択します。

なお、写真フォルダと音楽フォルダは近日対応する予定だそうです。


BuhoCleaner:ログイン項目

BuhoCleaner:ログイン項目

ログイン項目は、Macを起動するたびに起動するサービスおよびアプリケーションを検出し、アプリケーションのリストから、起動時に不要なアプリを無効にすることが出来ます。

不要なログインアイテムや壊れたログインアイテムを簡単に検出し削除出来ます。


新春セール

新春セール

現在全てのライセンスにおいて半額セールが実施されています。

さらにクーポン券利用でファミリーライセンスを通常価格の4分の一の値段で入手可能です。

通常価格 2,980円のところ、75%OFFクーポン券利用で、750円で入手でき、バージョンアップが永久無料になります。

クーポンコードは「MO73591E72」となります。(50名様限定)

参照:クーポンの使い方


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事