Rumor

DigiTimes:次世代のiPhone、全てのモデルでセンサーシフト光学式手ぶれ補正を搭載?

DigiTimes

DigiTimes

DigiTimesが、業界筋の情報として、2021年後半に発売される予定の次世代iPhoneは、全てのモデルでセンサーシフト光学式手ぶれ補正を搭載すると話したと伝えています。

次世代のiPhoneは、広角カメラで引き続き7枚構成のレンズを使用するが、解像度を向上させるために、より大きな密着イメージセンサ(CIS)を搭載すると情報筋は話したそうです。

情報筋は、次世代iPhone Proファミリーには新設計のCISが搭載され、その他のモデルにはiPhone 12 Proで採用されたCISが採用され、CISは主にソニーから供給されると語ったそうです。

次世代のiPhoneのFace IDシステムは、画面上部のノッチのサイズが縮小し、超広角レンズが、5枚構成のレンズから6枚構成のレンズにアップグレードされ、いくつかのデザインの変更があると話したそうです。

新しいデザインは、より小さなノッチサイズを可能にするため、同じカメラモジュールにRx、Tx、およびフラッドイルミネーターを統合し、バックカメラモジュールのLiDARスキャナに似ているようです。

新しいFace IDのカメラモジュールは、Foxconnと韓国に拠点を置くLG Innotekが供給し、正面カメラモジュールはO-Film、Cowell、Foxconnが供給すると情報筋は話したそうです。


関連エントリー:DigiTimes:Largan Precision、次期iPhone 13用VCM アクチュエータを受注?


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事