Rumor

Apple、次期iPhone 13はA15チップ搭載で予定通り来年発売?

TF International Securities

TF International Securities

Appleisiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは、TSMCの5nm生産能力の約80%を利用しており、2020年第4四半期の100%の利用水準を下回るとの見方が広まっているが、この理由は、iPhone 12の発売が遅れたことよりも、次期iPhone 13の量産スケジュールが早まったことで、プロセッサの生産スケジュールがそれに合わせてシフトせざるを得なくなり、A15チップの生産が早まり、A14が置き換わってしまう可能性があることが要因と考えられると述べていると伝えています。

もう一つの要因は、iPhone 12 Proシリーズの需要が高いため、Proモデルで使用されているカメラの一部の供給は「逼迫している」とのことで、ソニーが唯一のサプライヤーであり、リードタイムが12週間から14週間となっているため、Appleが近いうちに供給不足を改善することは難しいとしています。

Kuo氏は、iPhoneの全体的な需要はAndroidスマートフォンよりもまだマシで、iPhoneの需要が弱まっているわけではないと感じているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事