Rumor

Apple、次期iPhone 13で省スペースの新バッテリー技術を採用する?

TF International Securities

TF International Securities

Appleisiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、来年発売予定のiPhone 13とiPhone 13 miniは、ソフトボードバッテリー技術を活用して省スペース化を図り、コストを削減すると予想していると伝えています。

AppleはiPhone 8以降で、一部のLTEアンテナにソフトボードを採用してきたが、今回はバッテリー回路に採用すると考えているそうです。


LCPソフトボードとも呼ばれるこのソフトボードは、ベースとなっている液晶ポリマーにちなんで、通常のプリント回路基板に代わる柔軟な選択肢を提供するそうで、また、高速で低遅延のデータ転送を可能にする材料でもあると説明しています。

Career Technologyは、iPhone 13と13 miniのバッテリーソフト基板の受注を約40〜50%獲得すると予想していて、iPhone 13は、バッテリーソフトボード技術を採用した最初のiPhoneモデルになると予測しており、新規参入企業であるCareer Technologyは、iPhone 13シリーズがバッテリーソフト基板設計に切り替わったことで最大の恩恵を受けるだろうと考えているそうです。

また、Career Technologyは、2021年前半に発売される予定のAirPodsと、ミニLED搭載iPadの主要サプライヤーになるだろうと考えているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事