Rumor

TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 12のカメラの一つに7枚構成レンズを搭載する予定?

TF International Securities

TF International Securities

Appleinsiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは、iPhone 12のカメラの一つに7枚構成レンズを搭載する予定だと予想していると伝えています。

5.4インチOLEDと6.1インチOLEDの背面デュアルカメラモデルと、6.1インチOLEDのデュアルカメラとLiDARスキャナー付きモデルは、広角カメラ用に1/2.6インチ7枚構成レンズを採用している可能性があるそうで、6.7インチOLEDのトリプルカメラとLiDARスキャナー付きモデルは、広角カメラ用に1/1.9インチ7枚構成レンズを採用し、センサーシフト式手ぶれ補正機構を採用している可能性があると予想しているそうです。

さらに2021年のiPhone 13のラインアップには、7枚構成レンズを採用した望遠カメラが搭載される予定で、センサーシフト式手ぶれ補正機構を搭載したモデルが増えると考えているそうです。

2022年には、Genius製のペリスコープカメラが搭載される可能性があると予想しているそうです。


すでにHuawei P30 Proは、超高解像度4000万画素メインカメラ、超広角2000万画素カメラ、光学5倍望遠カメラ(屈折スコープカメラ)、ToFカメラを搭載済みです。


関連エントリー
DigiTimes:2020年発売の5G iPhoneはイメージセンサーシフト式手ぶれ補正機構を採用する?
DigiTimes:2020年発売のiPhoneは液晶ディスプレイモデル2つと有機ELディスプレイモデル4つの計6種類発売?


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事