Rumor

TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2019年発売のMacBook Airは、シザースイッチ採用キーボードを採用?

TF International Securities

TF International Securities

AppleInsiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、2019年発売のMacBook Airのキーボードは、現在のバタフライ構造ではなく、シザースイッチ(パンタグラフ)採用キーボードを採用する可能性があると予想していると伝えています。

構造を変更する理由として、現在のキーボードに対して、キーストロークが短過ぎることに多くのユーザーが不満を持っていることを上げています。


シザースイッチ(パンタグラフ)キー

シザースイッチ(パンタグラフ)キー

新しいシザースイッチキーボードはグラスファイバーが使用されていて、故障率の低下や生産歩留まりが低いために一般的なノートブックのキーボードよりも生産コストは若干上がるが、バタフライ構造のキーボードよりは、生産コストは大幅に下がると予想しているそうです。

このシザースイッチキーボードは、MacBook Proでは2020年から採用され、段階的に移行すると考えているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事