Rumor

経済日報:次期「iPhone SE 2」の半分はインドで製造される?

経済日報より

経済日報より

経済日報が、Appleが、2018年前半に発売を予定している「iPhone SE 2」の半分はインドの都市バンガロールにあるWistronの工場で生産されると伝えています。

インド国内で組立て作業を行うことで、生産国「Made in India」を維持し、インド国内での販売価格を引き下げつつ、中国の江蘇省崑山市にある工場に4度目の投資を行い、バンガロール工場と崑山工場とでiPhone SE 2の生産を行い、世界に向けて輸出を行うようです。

Wistronは崑山工場の稼働実績と品質を示す目的でiPhone 8 Plusの受注をしたと分析されています。

以前、FocusTaiwanは、iPhone SE 2に関して、iOS 11、A10チップ、32GB、128GB、1700mAhバッテリー仕様だと伝えていました。


関連エントリー
WistronのRobert Hwang CEO、株主総会で次期iPhoneにワイヤレス充電と防水試験が組立工程に組み込まれると発言
WSJ:Apple、iPhone SEのインド現地生産を開始


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事