Rumor

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneの有機EL採用モデルの量産時期は10~11月になる?

AppleInsiderが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏(郭明錤)は、次期iPhoneの有機EL採用モデルの量産時期は10~11月になりそうだと伝えています。

iPhone 7s・iPhone 7s Plusモデルの量産は8月〜9月に開始されるものの、有機EL採用モデルは、有機ELディスプレイ、10nmプロセスA11プロセッサ、新しい3D Touchモジュール、3Dセンシングカメラなど生産が難しい部品が多く含まれているからと予想しています。

Kuo氏は、有機EL採用モデルが5.2インチのフルスクリーンモデルにあるのに対して、iPhone 7s・iPhone 7s Plusモデルは、現在と同じ4.7インチ、5.5インチ液晶ディスプレイを採用しており、もし、有機EL採用モデルのデザインを予想して期待感が高まり過ぎると、iPhone 7s・iPhone 7s Plusモデルへの訴求力が失われてしまうかもしれないとしています。


関連エントリー
関連エントリー
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneの有機EL採用モデルは、FaceTimeカメラに3Dカメラシステムを採用する?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneの有機EL採用モデルは、画面下にファンクションエリアを搭載している?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneの有機EL採用モデルは、高積層プリント配線板採用でバッテリー容量がアップする?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhoneは全てワイヤレス充電対応に?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2017年の有機ELディスプレイ出荷数は400〜450%増となると予測
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 8は、ワイヤレス充電のために筐体がガラス製に?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 8 Plusは2モデルで1つは有機ELディスプレイを採用?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2017年発売のiPhone 8のプレミアムモデルは、全面と背面がガラス製で、ステンレスフレームが特徴になる?


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事