Rumor

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 7sは曲面ガラスケースを採用し、5.8インチAMOLEDディスプレイを採用?

Apple Insiderが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏(郭明錤)は、2017年に発売されるiPhone 7sに関して、iPhone 4/4Sのような強化ガラスを採用した筐体に類似したデザインとなり、側面は金属製で、プラスチックやセラミックなどを使用されると予測していると伝えています。

Appleは、5.8インチAMOLEDディスプレイを採用しようと計画しているが、必要とされる部材調達数が難しい場合は5.5インチTFT液晶ディスプレイの採用になるだろうと考えているそうです。

また、iPhone 7sでは、ワイヤレス充電、FaceTimeカメラを用いた顔認証システムや眼の認証など、新しい生体認証システムを採用する可能性もあるようです。


この情報に関連し、次期iPhoneに関する最終仕様決定は2016年4月に行われるらしく、最終仕様決定に向けて提案の絞り込みがされたと考えられます。


関連エントリー
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 7 Plusはデュアルカメラ搭載?
AppleInsider:John Gruber氏、次世代iPhoneはデュアルカメラを搭載し、画質をデジタル一眼レフカメラレベルに引き上げる?
Apple.club.tw:iPhone 7用とされるバックライト部品写真を掲載
次期iPhone 7から、ヘッドホン端子が廃止される?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhone 7シリーズは、5.5インチ液晶モデルのメモリは3GBと予測
Apple、防水・防塵性能iPhoneを開発中?次期、iPhone 7は新素材筐体採用?
DigiTimes:TSMC、AppleのiPhone 7用A10チップ生産を受注
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2016年発売のiPhone 7は薄さ6.1mm?
DigiTimes:Apple、2016年にグラスオングラス型タッチパネルを再び採用?


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事