Rumor

etnews.com:iPad Air 2は、SoCとカメラ性能がアップデートされ、発売が少し早くなる?

etnews

etnews

etnews.comが、Appleは、今月からiPad Air 2の量産を開始するが、SoCとカメラモジュールを変更するのみに留まると見られると伝えています。

LGディスプレイは、iPad Air 2用の9.7インチ液晶ディスプレイの生産を6月中旬から開始するが、それは、現行のiPad Airと同じ2048×1536ピクセル/264ppiだとしています。

アプリケーションプロセッサは、現行よりも50%性能が向上し、iSightカメラは500万画素から800万画素に、FaceTimeカメラは120万画素から150万画素に性能が向上する可能性が高く、iPad Airが10月に発売された時に、主要部品の生産は8月に開始されたことから推測して、iPad Air 2の生産スケジュールは、少し早まった可能性があると分析しているそうです。


関連エントリー
iOS 7.1から、iPadにTouch IDが搭載される可能性がある記述が見つかる
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleは2014年後半に新製品ラッシュを行うと予測


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事