etc / レポート

CP+2019:レキサージャパン、CFexpress 2.0 対応製品ロードマップを発表

CFexpress Card

CFexpress Card

CP+2019において、レキサージャパンが、CompactFlash Associationの製品仕様に準拠した「CFexpress 2.0」に仕様に準拠した対応製品ロードマップを発表していました。

CFexpress 1.0仕様では、XQDメモリーカード仕様を継承し、NVMe 1.2、PCIe Gen3 x2のType Bだけでした。


Lexar Professional CFexpressメモリーカード

Lexar Professional CFexpressメモリーカード

CFexpress 2.0仕様では、XQDメモリーカード仕様を継承しつつ、Type Bは、PCIe Gen3 x2の、最大転送性能16Gbps(2000MB/s)のままですが、プロトコルはNVMe 1.3にアップしています。

実際に発売されるのは「Lexar Professional CFexpressメモリーカード」は、最大転送速度1650MB/sで、1000MB/sでの継続的な書込み速度の維持を実現しているそうです。


CFexpress 2.0 Type A

CFexpress 2.0 Type A

CFexpress 2.0仕様では、PCIe Gen3 x1、最大転送性能8Gbps(1000MB/s)、プロトコルNVMe 1.3仕様の「CFexpress 2.0 Type A」も予定されています。

SDXCカードと比べて小さいサイズとなっています。


CFexpress 2.0 Type C

CFexpress 2.0 Type C

もう一つのCFexpress 2.0仕様として、PCIe Gen3 x4、最大転送性能32Gbps(4000MB/s)、プロトコルNVMe 1.3仕様の「CFexpress 2.0 Type C」も予定されています。

CFastカードと比べてかなり大きいサイズとなっています。

なお、CFexpress 2.0 Type A、CFexpress 2.0 Type Cは、すぐに発売される物ではなく、今後、数年かけて製品化されるそうです。


Lexar High-Performance 633x microSDHC/microSDXC UHS-I カード/1TB

Lexar High-Performance 633x microSDHC/microSDXC UHS-I カード/1TB

Lexar High-Performance 633x microSDHC/microSDXC UHS-I カードの1TBモデルも展示されていました。

Lexar Professional 633x SDHC/SDXC UHS-I カードの1TBに続く製品として発売される予定となっています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事