etc / レポート

NAMM 2019:Aston Microphones、驚くほど汎用性の高いダイナミックマイク「Aston Stealth」を発表

Aston Stealth

Aston Stealth

NAMM Show 2019において、Aston Microphonesが、ダイナミックマイク「Aston Stealth Cardioid Studio & Live Microphone」を発表していました。

48Vファンタム電源の有無にかかわらず動作し、48Vファンタム電源を検出してアクティブモードに切り替える自動検出機能を搭載した世界初のマイクです。

マスロード式カプセルは、驚異的な衝撃吸収力と圧力分散性能を実現する人工筋肉としても使用される「ソルボセイン」素材製の3つの半球と音響シールドと振動緩衝材でシャーシから完全に隔離されています。


Aston Stealth

Aston Stealth

男性ボーカル向けの「Vocal1」、女性ボーカル向けの「Vocal2」、ギター向けの「Guitar」、クラシックなリボンマイクを彷彿とさせるビンテージサウンドが特長の「Dark」という4つの設定をもち、切り替えることで、フィルターが変わるのではなく、信号経路そのものが変わるという倍音構成が変化する仕組みとなっています。

アクティブモードでは、高品質のクラスAプリアンプを内蔵しているため、高価な外部ゲインリフティングデバイスは不要です。

ステルスは、カプセルから出力までの完全にバランスのとれた信号経路を特徴とし、シングルエンド(アンバランス)設計と比較して「コモンモード」ノイズの優れた低減をもたらします。

48Vファンタム電源がなくても動作可能で、その場合はパッシブモードとなり、アクティブ回路は完全にバイパスされ、可能な限りシンプルなシグナルチェーンを使用する動作となります。

アメリカでは、2019年2月に399ドルで販売されます。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事