etc / レポート

WWDC2018参加者へのお土産は、恒例の特注リーバイス(LEVI'S)ジャケットと特製ピンバッジ

Apple Worldwide Developers Conference 2018

Apple Worldwide Developers Conference 2018

Appleが、サンノゼ コンベンション センターにて開催する「Apple Worldwide Developers Conference 2018」の会場は、WWDC2018サイトのグラフィックと同じパネルが建物の外側に使用されています。


WWDC2018

WWDC2018

会場の外には、Apple 新宿などTown Square型店舗の「フォーラム」で使用されている、木製のボックス型椅子が設置されていました。

この椅子、結構重さがあるのですが、かなりの数設置されています。


WWDC2018

WWDC2018

WWDC2018の受付は、開催前日から開始されていますが、その前日の受付では、無料の朝食が提供されていました。

朝食はベジタリアン用もありました。

WWDC2017からサンノゼ コンベンション センターにて開催されていますが、その時から、このスタイルになっているようです。


WDC2018特製リーバイスジャケット

WDC2018特製リーバイスジャケット

参加受付を済ますと、リーバイスのTruckerジャケットのBerkmanカラーをベースにした特注リーバイス(LEVI'S)ジャケットと特製ピンバッジが貰えました。

WWDC2017の時は、ジャケットにWWDC2017ワッペンが使われていたと思います。

また、US Apple Storeの有料ギフトバッグに入った状態で渡されるように変わっています。


WDC2018特製ピンバッジ

WDC2018特製ピンバッジ

WDC2018特製ピンバッジは、どの国から参加しているのかを示す国旗のピンバッジを含めたアイコンピンバッジが貰えました。

WWDC2017の時は、Appleサイトの国変更する場合の丸い国旗表記だったかと思いますが、今年は絵文字デザインに変わっています。


Cisco Aironet 2800

Cisco Aironet 2800

Ciscoの中規模から大規模企業向けのWi-Fiアクセスポイント「Cisco Aironet 2800」が複数設置されていました。

マルチユーザ MIMO(MU-MIMO)による 802.11ac Wave 2をサポートし、法人向けWi-Fiアクセスポイントとしては、一番シェアがあると思います。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事