etc / レポート

マツダ、アメリカで改良型「CX-3」モデルでCarPlay対応する理由は、購入条件で重要になっているからと説明

マツダR&Dセンター横浜

マツダR&Dセンター横浜

マツダが、マツダR&Dセンター横浜にて開催した「【MAZDA】サステイナブル ”Zoom-Zoom” フォーラム in 横浜 2018」にて、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて発表した、クロスオーバー SUVの改良型モデル「CX-3」が、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応することに関して、日本の対応時期について質問したところ、日本は年内か、来年早々に対応する予定だと説明していました。

これまでCarPlay対応しなかったマツダが対応することにした理由については「アメリカは CarPlay 非対応だと売れない。有り得ないレベル」だと説明していました。

来年「アクセラ」が、デザイン言語2.0(Kodo 2.0)でモデルチェンジする予定で、モデルチェンジの1要素として考えているようでした。

トヨタが積極的にQi ワイヤレス車載充電に対応している状況でマツダの対応を質問したところ「全く聞いた事が無い」と話していました。


関連エントリー
マツダ、クロスオーバー SUV「CX-3」が、CarPlay対応すると発表
日本で購入可能な自動車Qiワイヤレス充電搭載車(2017)


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事