etc / レポート

第4回神戸医療イノベーションフォーラム:林信行 、音声コミュニケーションアプリ「指伝話」を紹介

第4回神戸医療イノベーションフォーラムにおいて、林信行氏が「21世紀デジタル産業革命 x 医療」と題したプレゼンテーションを行った。

デザインの重要性や、アプセサリーの進化について、多くの事例を元に紹介を行った。

テクノロジーによって医療を変えると言われてきたが、iOSデバイスや3Dプリンターなどの登場によって、今まで想像もしなかったことが現実に起きてきていると紹介した。


林信行氏は、オフィス結アジアの高橋宜盟を紹介し、本人による「指伝話」のデモが行われた。

声が出なくなった整形外科医が、指伝話を使用して医療を続ける事例を紹介した。


続いて、指定した時間に、チャイム、音声、音楽を鳴らすアラーム機能のアプリ「指伝話ぽっぽ」を紹介し、音声でアラーム案内を行ってくれる事で「お薬を飲む時間ですよ」といった案内も可能なため、在宅医療でも活用されていると紹介した。

日常生活用具として指伝話を使用するための「指伝話キット」を販売しているが、専用機じゃなければダメと言われる事があり、それはおかしいんじゃないかと話した。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事