etc / レポート

CP+2013:ペンタックスリコーイメージング、レンズ一体型ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「PENTAX MX-1」を参考展示

PENTAX MX-1

PENTAX MX-1

CP+2013において、ペンタックスリコーイメージングが、レンズ一体型ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「PENTAX MX-1」を参考展示していました。

CES 2013で海外発表され、アメリカで2月に499.95ドルで発売されることが決まっていますが、日本では発売するかどうか未定だそうで、会場にきている方からの意見を聞いている状況でした。

ボディの上下面が真鍮製のため、使っているうちに角がはげてくるそうで、今回、日本では、予め角を剥がし、使い込んだ状態のような加工がされたモデルが展示機に加わっていました。


有効1,200万画素の1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー、28-112mm相当F1.8-2.5の光学4倍ズーム、高画質 smc PENTAXレンズ、チルト式3型約92万ドット液晶モニター、センサーシフト式手ブレ補正SRといった仕様となっています。


軍艦部分は、右側に露出補正ダイヤルやコマンドダイヤルが装備されていて、コマンドダイヤルを使用して、絞り値などを変更することが出来ます。

RAWデータでの記録も可能で、本体内でのRAW現像にも対応しているそうです。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事