NEWS

WWDC22:App Clips、ファイルサイズ制限が最大15MBまでに拡大

App Clips

App Clips

Appleが、WWDC22において、App Clipsの最新アップデートについて紹介する「What's new in App Clips」を公開しています。

これまでのApp Clipsは、非圧縮バイナリで10MB以下という制限でしたが、iOS 16では、ワイヤレスネットワークが2年前よりも高速になったため、App Clipのサイズを最大15MBまで増やせるようになりました。


Diagnostics Tool

Diagnostics Tool

App Clipエクスペリエンスやユニバーサルリンクが正しく設定されているかどうかを確認するための、シンプルな新しいツール「Diagnostics Tool」が用意されます。

iPhoneまたはiPadで、開発者設定に移動し、App Clips Testingで、Diagnosticsを選択します。


App Clip:CloudKit

App Clip:CloudKit

App ClipでCloudKitが利用可能になります。

iOS 16の新機能として、App ClipはCloudKitのパブリックデータベースに保存されたデータやリソースも読み取れるようになりました。

CloudKitが提供するすべてのパワーとスケールを使って、アプリとApp Clipの両方で同じコードを共有し、同じデータにアクセスできるようになりました。

アプリとApp Clipの重要な違いは、App Clipはパブリックデータベースから読み取ることができますが、CloudKitにデータを書き込むことはできないことです。


App Clipのキーチェーン

App Clipのキーチェーン

新機能として、ユーザーがアプリをインストールすると、App Clipのキーチェーンに保存されているアイテムが、App Clipからアプリケーションに転送されます。

これにより、App Clipはキーチェーンに安全なアイテムを保存するだけで、それがインストールされた時にあなたのアプリケーションに移動するようになります。

なお、共有キーチェーングループとiCloud Keychainはサポートされていません。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事