NEWS

WWDC22:Apple幹部、次世代CarPlayの目指す方向性について語る

The Talk Show Live From WWDC 2022

The Talk Show Live From WWDC 2022

Daring FireballのJohn Gruber氏が、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントCraig Federighi氏、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアヴァイスプレジデントGreg Joswiak氏をゲストに招き、WWDC22スペシャルインタビュー「The Talk Show Live From WWDC 2022」をYouTubeにて公開しています。


Craig Federighi氏

Craig Federighi氏

iOS 16のロックスクリーンに関して、iPhoneの顔であり、それはとても個人的である理由です。

本当に設定可能性の一部で、自分だけのものにするためのツールキットです。

完全にミニマリストになることもできますし、時間だけを表示することもできますし、他のウィジェットをいくつダウンロードしたか忘れましたが、それを表示させることもできます。

サードパーティの開発者がどんなものを出してくるか、誰にもわかりません。でも、もしそれが気になるものなら、例えばDevOpsやアジャイルワークのためのカスタムウィジェットなら、ロック画面に置いておくといいでしょう。

Touch IDが開発され、その後Face IDが開発されると、iPhoneを保護するのがとても簡単になりましたが、今は正反対です。

パスコードなしで外出する人はいないでしょう。Touch IDでやっていることもそうですが、新しい設定可能なロック画面は、iPhoneに入らなくても、iPhoneで便利なことができるということを、私たちに思い出させてくれます。

Face IDとTouch IDは、その点では画期的なものだと思います。iPhoneが唯一のコンピュータであるインフルエンサーのような才能ある人たちが、素晴らしい芸術作品やビデオ編集を制作しているのを私は知っています。


macOS Venturaの「設定」の変更に関して、システム環境設定だったものが、iOSやiPadOSの設定と非常に一致するように、よりよく再構築されたことです。

設定という点では、システム環境設定から設定への移行があります。

Macのオリジナルのシステムの起源を考えてみると、それは確かに、ウェブ上でそれほど多くのコンテンツを消費していなかった時代で、コンテンツにアクセスするためのスクロールはそれほど一般的ではなく、歴史的に見てもスクロールは難しく、退屈なものでした。

Macの既存の設定は、慎重に作られた複雑な小さな弁当箱のセットで、このパネルにドリルを入れ子にして、他のパネル、他のパネルと、そう、私たちはシステムにますます多くの経験を組み込もうとしてきました。

このような制約の中で明快さと簡潔さを実現するのは実は難しく、もっと直線的なスキャンが可能なものを作ればいいのです。コンテンツがリニアに展開されることで、認知的に受け入れられやすくなるのです。

だから、下にスクロールすれば、そのコンテンツにたどりつけるのです。このように、私たちデザインチームにとって、よりタスクに適したものを提供することができたと思います。

まだまだ細部の微調整を続けていくつもりですが、これはMacにとって本当にいいステップになると思います。これは100%、私たちの原動力ではありません。iOSでやっていたことをMacでやっただけじゃないか、と心配されるかもしれません。これは原動力にはなりませんでした。

でも、慣れ親しんでいるということは、Wi-Fiの設定にたどり着く方法を知っているということでもあります。しかし、今ではまったく別の場所にあり、まったく別の方法でレンダリングされています。

このような並列性を実現できれば、よりシンプルになります。多くのユーザーにとっても、よりシンプルなシステムに適応できると思います。ですから、より良いインターフェイスだと考えています。また、一貫性を持たせることは、ここでも非常に有効だと考えています。


Greg Joswiak氏

Greg Joswiak氏

ステージマネージャーは、Appleにとって非常に長い間、情熱的なプロジェクトでした。実際、チームの主要メンバーの一人が、初期のMac OS 10のベータ版で、シングルウィンドウモードの開発に取り組んでいました。

当時は、一度に一つのことに集中できるけれども、他のこともできる、という発想が、何かあるんじゃないかと考えていました。アニメーションが多すぎるし、自分のものにアクセスしやすい環境も十分ではありませんでした。というのも、Macにはウィンドウを管理するためのさまざまな方法があり、Macエクスペリエンスにとってウィンドウはとても重要だからです。

Macでは、ウィンドウを管理するためのさまざまな方法が用意されています。Macをどのように使っているかを調査してみると、100通りのインタラクションのパターンがあるんです。ミッションコントロールをずっと使っている人もいれば、ウィンドウを最小化している人もいますし、スペースを使っている人もいれば、Commandキーで隠して元に戻している人もいます。つまり、信じられないようなさまざまなことが起こるのです。

はっきり言って、ステージマネージャーはすべてを解決する一つの答えではありません。多くの人は既存のパターンにとても満足すると思いますし、私たちはその方法が間違っていると言っているのではありません。

私たちの多くは、Macを普通に使っているうちに、Macのエクスペリエンスはデフォルトで雑然としている、という感覚を持つようになりました。1つのものを開いて、次のものを取り出そうとすると、その薬の上に積み重なるんです。次のものを取り出そうとすると、その薬の上にその薬が積み重なります。

そうすると、常に大量のものの中で生活するか、常に自分の後始末をしながら生活することになります。そして、いろいろなものを切り替えて使っている人は、その切り替えの際に、さまざまなゴミの山を切り替えていることになるのです。

そこで、一度にひとつのことに集中でき、かつ必要なときに必要なものにアクセスできるようなインターフェイスを開発しました。その間に、他の作業に切り替えることができます。

そしてもちろん、これは本当に偶然の産物です。iPadではまったく違う方向から来たのに、同じ場所にたどり着いたのは不思議なくらいです。しかし、iPadでは、デフォルトでは一度に1つのウィンドウを表示するクリーンな体験ができますが、もっといろいろなものにアクセスできるマルチタスクが必要だということに気づきました。

そこで私たちは、iPadの精神の一部を受け継ぎつつ、ウィンドウをオーバーラップさせて、マルチタスクにアクセスするためのより広いセンスで、それを大きく開くことができました。

私にとってiPad OSに欠けているもののひとつは、マルチタスクの概念だからです。マルチタスクというのは、スタックの概念です。

そして、横に並べて、横に並べて、いろいろなものを配置する。そうですね。でも、それでもZアクセスは、いくつかのものを積み重ねることができるんです。

iPad用のステージマネージャーは、そのようなものをいくつか持ってくるのに良い方法だと思いますし、レイヤーを作ることもできます。同時に重ねることもできますし、みんながそうする必要はないんです。

iPadのユーザーはたくさんいます。つまり、iPadは驚異的に成功したユーザーエクスペリエンスを持っていて、多くの人が初めてデバイスに触れた瞬間から使うことができ、100%喜んでくれているんです。

そして、そのことに100%の喜びを感じています。しかし、最近では、もう少しリッチな体験を求めて、さまざまな形の生産性を追求する人たちが増えています。たとえば、外部モニターを使ったり、トラックパッドを使って座ったり。Macで経験したことのあることですが、ノートウィンドウをこっちで見ることがあります。それを使うときは、幅いっぱいに表示させたいんです。

テレビ欄の中に並べて表示するのは嫌なんです。そして、それを見ることができ、その一部を読むこともできるようにしたいのです。Safariのウィンドウを表示したまま、それを手に入れたいのです。

また、画面の4分の3は広く使えますよね?だから、その両方が可能なんです。Macのエクスペリエンスにおいて、タイルではなく、完全にアクセス可能であることは、とても重要な要素です。

iPadのデフォルトが非常にフォーカスされた体験であるという事実を失うことなく、私たちはこの機能をiPadにも導入したいと考えました。そうでない場合、あなたは常に混乱を蓄積しているわけではありません。

そして、ウィンドウの管理にも積極的に気を配らなければなりません。ステージ・マネージャーは、本当に素晴らしいバランスだと感じています。


CarPlayの元々のアイデアは、音楽はiPhoneにあり、その他のものもiPhoneにあり、そして車内にスクリーンがあれば、車内で音楽を再生でき、地図や電話を使用できるようにしたい、というようなものでした。

しかし、CarPlayがすべてのスピードメーター、燃料タンクのガソリン量やパワーリフティング、あるいはバッテリー、ほら、計器盤全体に拡張されているという考え方は、基本的にそれとそのパートナーのスライドにある多くのパートナーにあります。

私たちには素晴らしい顧客がいて、彼らは米国の新車購入者の圧倒的な割合であり、興味深いことなのです。パートナーチャートの話が出ましたが、私たちが最初にCarPlayを発売したのは2013年でした。パートナーは2社だったように思います。次元が違いますね。自動車メーカーの発表が始まったのは、その翌年です。そして、さらに多くのパートナーに参加してもらいました。

しかし、2013年以降、世界は変わりました。私たちがCarPlayでやりたいことを実現するのに十分な大きさのものがあれば、それはラッキーなことだと言うんです。そして今、クルマにはたくさんのディスプレイと、より複雑なシステムが搭載されています。

私たちは、それらすべてのディスプレイとシステムで、よりよい体験を提供できる新世代のCarPlayを必要としています。そして、私たちは、自動車メーカーが自社のブランドを正しく表現することを望んでいます。これが、iPhoneと自動車が一緒になる方法です。

エンターテイメントから飛び出して、温度を変えたり、ラジオ局を変えたりする必要はありませんし、そうしたことはすべてシステムでできます。

私たちが話した自動車メーカーは、彼らの最高の顧客はiPhoneの顧客だと考えています。CarPlayの顧客は、ほとんどの時間をCarPlayで過ごしており、CarPlayを使いたいのです。そして、Appleの顧客は、そのような体験をもっと求めていることも知っています。

そして、彼らが愛するCarPlayの体験と車の他の部分との間のシーンは、彼らの最も重要なオーディエンスにあまり役立っていないのです。そこで、私たちは彼らと一緒に、自分たちのブランドを表現できるようなプロセスを考えてきました。

同時に、それがその車であることを確認したいのです。全体を通して首尾一貫した体験をしたいのです。ですから、これは関係者全員にとって素晴らしいことだと思います。

私たちは今、この次で実際に一緒に仕事をすることができるようになりました。


関連エントリー
WWDC21:Apple幹部、プライバシーは製品開発の基礎となり、それが新しい技術をもたらすと語る
WWDC20:Apple Silicon MacはBoot Campをサポートしない
AppleのCraig Federighi氏、Greg Joswiak氏、Daring Fireballのポッドキャスト公開収録に出演(iPadOSはマーケティング名) #WWDC19
AppleのGreg Joswiak氏、Mike Rockwell氏、Daring Fireballのポッドキャスト公開収録に出演(WWDC2018)
AppleのPhil Schiller氏、Craig Federighi氏、Daring Fireballのポッドキャスト公開収録に出演(WWDC2017)
AppleのPhil Schiller氏、Craig Federighi氏、Daring Fireballのポッドキャスト公開収録に出演



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事