NEWS

WWDC22:iOS 16、メッセージのフィルターでサブカテゴリが利用可能に

Explore SMS message filters

Explore SMS message filters

Appleが、WWDC22において、メッセージの新機能に関する「Explore SMS message filters」を公開しています。

多くの国で、SMSメッセージは、取引、マーケティングキャンペーン、アラート、リマインダーを顧客に通知するために、企業で使われるようになっています。


 SMSフィルタアプリ

SMSフィルタアプリ

SMSフィルタアプリケーションは、App Storeで入手し、インストールすることができます。

インストールしたら、「設定」→「メッセージ」→「不明とスパム」→「不明な送信者のフィルタリング」をオンにすることで、メッセージのフィルタリングをオンにすることができます。

その後、好みのSMSフィルターを選択します。

ここでは、2つのSMSフィルターをインストールしていますが、一度にアクティブにできるフィルターは1つだけです。


iOS 14以降では、メッセージに取引、プロモーション、迷惑メール用の新しいフォルダーが表示されますが、iOS 16では、フィルター分類APIを強化し、これにより、SMSメッセージフィルター拡張機能で、メッセージを12のサブカテゴリーに分類できるようになりました。

新しいサブカテゴリーは、既存のトップレベルカテゴリーであるトランザクションとプロモーションの下に分類されます。


サブアクション

サブアクション

iOS 16では、capabilitiesRequestという新しいAPIハンドルがあります。

ILMessageFilterCapabilitiesQueryResponse 構造体に、サポートするトランザクションまたはプロモーションのサブアクションを入力します。

サブアクションは最大 5 つまで指定できます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事