NEWS

WWDC22:メッセージでのコラボレーション機能について解説

メッセージ:コラボレーション

メッセージ:コラボレーション

Appleが、WWDC22において、メッセージに関する「Enhance collaboration experiences with Messages」を公開しています。

16とmacOS Venturaでは、コラボレーションしている人たちのコミュニケーションを改善する、新しい簡単な方法が追加されました。


コラボレーター

コラボレーター

コラボレーターは、メッセージを介して共有することで、ドキュメントと会話を結びつけることができます。

メッセージでの会話や進行中のFaceTime通話でも、コラボレーションの活動が表示されます。

カスタマイズ可能なコラボレーションポップオーバーは、コラボレーションの詳細を管理し、メッセージの会話に接続するために、アプリケーションに提供されます。


コラボレーション・インフラ

コラボレーション・インフラ

コラボレーション・インフラには、3つのタイプがあり、CloudKit、iCloud Drive、そカスタムコラボレーション基盤です。

CloudKitベースのコラボレーションを使用する場合、システムがコラボレーション用に認識できるオブジェクトを作成するための新しいAPIを提供しました。

これは、NSSharingServiceで共有を開始または管理するためのmacOS Sierra APIをベースにしています。


新しい共有シート

新しい共有シート

新しいコラボレーションモードの共有シートからと、アプリから、またはiOSのFilesアプリやmacOSのFinderからメッセージにドラッグ&ドロップする方法の2種類があります。

新しい共有シートのコラボレーションモードは、ヘッダーのインジケータで識別でき、コラボレーションかコピー送信かの選択も可能です。

共有シートでコラボレーションを行うには、先に用意したコラボレーションオブジェクトを共有シートに付与します。

macOSでは、このコラボレーションのインジケータは、新しい美しい共有ポップオーバーに表示されます。


コラボレーションボタン

コラボレーションボタン

コラボレーションボタンはアプリのナビゲーションに配置され、関連するメッセージグループのグループ写真が表示されます。

また、ボタンの右側にはアクティブな参加者数が表示され、他の人がドキュメントに参加していることを示します。

コラボレーションボタンをタップすると、新しいコラボレーションポップオーバーが表示されます。

カスタマイズ可能なこのポップオーバーには、コラボレーションの概要が表示されます。


Maanage Share UI

Maanage Share UI

アプリがカスタムコラボレーションインフラストラクチャを使用する場合、contentViewに独自の管理ボタンを追加してください。このボタンは提供されません。

Mac の場合は、Apple のデザイン推奨に従って、ボタンの背景が透明であることを確認してください。

iOSでは、collaborationViewをカスタムビューとして使用して、次のようにUIBarButtonItemを作成します。

Macでは、UIBarButtonItemを使用して、NSToolbarItemを初期化します。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事