NEWS

WWDC22:iOS 16/iPadOS 16のAppリクエスト処理「App Intents」について解説

App Intents

App Intents

Appleが、WWDC22において、Appにリクエスト(Intentと呼びます)のタイプを定義方法について解説した「Dive into App Intents」を公開しています。

iOS 10では、SiriKit Intentsフレームワークがが導入され、メッセージング、ワークアウト、支払いなどの Siri の領域にアプリの機能をフックアップできるようになりました。

そして、Appleは「App Intents」という新しいフレームワークを導入します。


Siri/Spotlight/集中モードフィルター/ショートカット

Siri/Spotlight/集中モードフィルター/ショートカット

App Intentsは、アプリに組み込まれたアクションで、システム全体で使用することができます。

Siri、ショートカット App、Spotlight、集中モードフィルターから利用可能です。


ショートカット App

ショートカット App

ショートカット Appを使用すると、手動で追加することなく、App Intentsが自動的に ショートカット Appに表示されます。

ユーザーのアクションをショートカット Appに統合することで、ユーザーはシステム全体の多くの場所からショートカットを実行し、アプリケーションの機能を活用できるようになります。


App Intents

App Intents

App Intentsは簡潔で、シンプルなインテントを書くには数行のコードしか必要ありませんが、APIはより深く、よりカスタマイズ可能なアクションに拡張することもできます。

また、App Intents はモダンで、結果ビルダー、プロパティラッパー、プロトコル指向プログラミング、そしてジェネリックスを活用し、Swift に全力を注いできました。


App Intent

App Intent

App Intentが実行されるとき、アプリは、結果を表示したり話したり、Siriのリクエストやショートカットなど、あいまいさを解消するためにユーザーと対話する必要がある場合があります。

App Intentsは、こうしたインタラクションを数多くサポートしていて、インテントが完了したときにユーザーにテキストと音声のフィードバックを与えるためのダイアログや、視覚的なフィードバックを与えるためのスニペットです。

インテント・パラメータの値を明確にするようユーザーに求めるためのリクエスト値や曖昧さ解消、トランザクションや破壊的なインテントについてパラメータ値を確認したりユーザーに確認したりするための確認などです。


App Intents

App Intents

App Intentsの深い導入により、顧客はアプリを使用して必要なことを行うことができ、ワークフローの重要な一部となります。

これらの統合機能(たとえばグラフの作成など)は、それぞれあなたが構築する必要のない機能です。

App Intentsが実行されるとき、アプリは、結果を表示したり話したり、Siriのリクエストやショートカットなど、あいまいさを解消するためにユーザーと対話する必要がある場合があります。

App Intentsは、こうしたインタラクションを数多くサポートしています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事