NEWS

WWDC22:Safari 16から、Safari機能拡張のデバイス同期が可能に

Manifest V3

Manifest V3

Appleが、WWDC22において、Safari機能拡張関する「What’s new in Safari Web Extensions」を公開しています。

iOS 15.4、iPadOS 15.4、macOS Monterey 12.3から搭載されたSafari 15.4以降で、Chrome拡張機能「Manifest V3」をサポートしています。

Manifest V3では、ポリシーは "extension_pages" をキーとするオブジェクトを使用して定義され、スクリプトのリモートソースは許可されなくなりました。


Safari 16

Safari 16

Safari 16では、エクステンションをよりシームレスに使用できるようになります。

ユーザーが自分のデバイスのいずれかで拡張機能をオンにすると、すべてのデバイスで拡張機能がオンになります。

さらに、拡張機能をダウンロードする手順もよりシンプルになりました。

あるユーザーが、Macであなたの拡張機能の一つを有効にしているとします。

他のデバイスの拡張機能設定に、あなたの拡張機能をダウンロードするオプションがあります。

ダウンロードされると、そのデバイスで自動的に有効化され、ユーザーエクスペリエンスが向上します。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事