NEWS

WWDC22:Appleデザインチーム、iPadOS 16のデザインについて解説

What’s new in iPad app design

What’s new in iPad app design

Appleが、WWDC22において、iPadOS 16のデザインに関して、Appleデザインチームが解説する「What’s new in iPad app design」を公開しています。

拡張ディスプレイのサポートとディスプレイ・ズームにより、より大きな解像度を活用し、ステージマネージャーを使って、アプリをシングルビューで作業できるようになりました。

アプリのデザインは、常に大画面やさまざまなウィンドウサイズを受け入れ、iPadOSのさまざまな入力をサポートする必要があります。

そして、iPadをデスクトップのように使うことで、より高度なユースケースに対応できるよう、iPadアプリを検討する必要があります。


Pages

Pages

ツールバーは、アプリの機能を整理するものであり、ワークフローの使いやすさに影響を与えるため、アプリのデザインにおいて非常に重要な要素です。

後ろは、iPadOS 15のPagesアプリケーションにあった以前のツールバーです。

iPadOS 16では、タイトルを左側に配置し、アプリがより多くのツールバーアイテムを中央に提供できるようにする、新しいツールバーレイアウトを導入しています。


iPadOS 16:カスタムツールバー

iPadOS 16:カスタムツールバー

iPadOS 16では、ツールバーをカスタマイズできるようになり、ワークフローにとって最も重要な項目を厳選できるようになりました。

ツールバーの項目が多い場合や、すべての人が必要とするわけではない高度な機能を持つアプリケーションでは、カスタマイズを有効にすることを検討すべきです。

中央のセクションにある項目は、追加、削除、並べ替えが可能であることに注意してください。

このセクションの外側の項目はカスタマイズできません。なぜなら、これらの項目にはナビゲーションボタンや常にアクセスできる必要がある重要な機能が含まれている可能性があるからです。


Pages

Pages

Pagesアプリケーションでは、表、グラフ、図形、写真の挿入など、類似のアクションがグループ化されています。

ツールバーに十分なスペースがない場合、これらのアクションは折りたたまれてプラスボタンになります。

また、ウィンドウサイズを小さくすると、幅の広いツールバーのアイテムがコンパクトなグリフに折り畳まれるようにすることもできます。


iPadOS 16

iPadOS 16

iPadOS 16では、編集メニューは新しい外観を持ち、タッチやポインタに最適化されています。

タッチ操作では、メニューは水平に表示され、このようにオプションのリストを前後にスクロールできるようになりました。

ポインターを使用する場合、編集メニューはより包括的なオプションのリストをこのような縦型レイアウトで表示します。

アプリは、タッチ操作とポインター操作の両方のスタイルに対応する必要があります。


iPadOS 16:メモアプリ

iPadOS 16:メモアプリ

iPadOS 16では、メモアプリがチェックリストとテキストの書式設定オプションを同じセクションにグループ化しています。

編集メニューは、テキストフィールドに限られたものではありません。

編集メニューはテキストフィールドだけでなく、文書キャンバス上のオブジェクトにも適用できます。


iPadOS 16:キーボード

iPadOS 16:キーボード

iPadOS 16では、システムキーボードに検索と置換を導入し、文書内の特定の単語やフレーズなどをすばやく検索できるようにします。

この機能は、フレーズの特定の部分をマッチさせたり、マッチした単語をすべて別の単語に置き換えるといった、高度な使い方にも対応しています。

さらに、iPadにハードウェアキーボードを装着すると、検索と置換のインターフェイスがアプリケーションの上に配置され、コンパクトな外観になります。


iPadOS 16:ブラウザスタイル

iPadOS 16:ブラウザスタイル

iPadOS 16には、私たちが「ブラウザスタイル」と呼ぶ、新しいスタイルのナビゲーションがあります。

たとえば、ファイルアプリケーションでは、「戻る」「進む」ボタンを使って、サイドバーのさまざまな場所から入ってきたかもしれないフォルダ間を簡単にブラウズできるようになっています。

ブラウザスタイルのナビゲーションでは、タイトルの左側に配置するボタンは、アプリ側で選択できます。

戻る、進むなどのナビゲーションボタンや、サイドバーボタンだけにすることを確認する必要があります。


iPadOS 16:検索の配置

iPadOS 16:検索の配置

ブラウザスタイルのナビゲーションを使う場合、iPadOS 16のもう一つの新機能である、ナビゲーションバーの右上に検索を配置することと相性が抜群に良くなります。

右上の検索は、検索バーが、同じ画面上で下に表示されているコンテンツをフィルタリングするために使われる場合に便利です。

また、ナビゲーションバーにあるにもかかわらず、サジェストをサポートしています。


iPadOS 16:バンド選択

iPadOS 16:バンド選択

iPadOS 16では、バンド選択機能を使っても、iPadOSが自動的に編集モードになることはもうありません。

CommandやShiftなどのキーボード修飾子を使って選択と解除ができるようになり、これも編集モードにならずに済みます。

また、一度選択した音符は、セカンダリクリックでまとめて操作することができます。
タッチ操作では、長押ししてコンテキストメニューを表示させ、同じ操作を行うことができます。

これらの操作は、リストでも同様に行うことができます。


iPadOS 16:ファイル

iPadOS 16:ファイル

Commandキーを押しながら複数のノートを選択し、ドラッグ&ドロップでフォルダに移動させ、コンテキストメニューを表示して複数のノートをまとめて操作することができます。

これらの複数項目のコンテキストメニューに加えて、iPadOS 16は空のエリアでのコンテキストメニューもサポートしています。

例えば、ファイルの中に新しいフォルダを作ることができます。

あるいは、コピーしたイベントをカレンダーに貼り付けることもできます。


iPadOS 16:サブメニュー

iPadOS 16:サブメニュー

iPhoneではサブメニューは縦に開きますが、スペースに限りがあり、またタップする回数も増えるため、本当に必要なときだけ使うのがベストです。

しかしiPadOS 16では、空きスペースがあればサブメニューは水平に開きます。

これにより、特にポインターを使った操作が格段に速くなりました。

例えば、カレンダーはサブメニューを使って、イベントを別のカレンダーにすばやく移動させることができます。


iPadOS 16:サブメニュー

iPadOS 16:サブメニュー

サブメニューとともに、iPadOS 16はリスト内のポップアップボタンに対する新しいコントロールも追加しています。

他のポップアップボタンと同様に、メニューを表示し、オプションを選択することができます。


iPadOS 16:テーブル

iPadOS 16:テーブル

テーブルは、iPadOS 16の新しいコンポーネントで、コンテンツのリストをより強力にすることができます。

さて、これまではテーブルと呼ばれるコントロールを使っていたかもしれません。

iPadOS 16には、本物のテーブルがあり、SwiftUIのテーブルは、情報の複数の列を表示します。

そして、ヘッダーをタップするだけでソートすることができます。

iPadの画面は比較的小さいので、最も重要なカラムしか表示されません。

しかし、別のソートオプションを選ぶだけで、サイズを種類に置き換えるなど、カラムを入れ替えることができます。


iPadOS 16:テーブル

iPadOS 16:テーブル

iOS 16に組み込まれたこれらのテーブルは、コンテンツのリストについてより多くの情報を表示するために作られており、データのスプレッドシートを表示するためのものではありません。

アプリにすでにあるリストビューの拡張版と考えることができます。

実際、アプリをコンパクトな幅にリサイズすると、テーブルは1列のリストに切り替わります。

このとき、副列の情報を各行の副テキスト行に移動して、すべての情報を利用できるようにすることをお勧めします。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事