NEWS

WWDC22:iOS 16、iPadOS 16、watchOS 9がインストールされたデバイスでセキュアな「デベロッパーモード」が利用可能に

Get to know Developer Mode

Get to know Developer Mode

Appleが、WWDC22において「Get to know Developer Mode」を公開し、iOS 16、iPadOS 16、watchOS 9に追加されたデベロッパーモード機能について解説しています。

新しいモードで、一般的なデベロッパーのワークフローを可能にするものです。

デベロッパーモードはデフォルトでは無効になっており、デバイスをデベロッパーモードに明示的に登録する必要があります。

なぜデベロッパーモードを導入するのか? その理由は、強力な開発者向け機能が標的型攻撃で悪用されているからです。

TestFlight を使用してアプリケーションを配布する場合や、Enterprise 社の社内配布を使用する場合、Developer Mode は必要ありませんし、App Store を通してアプリケーションを配布する場合にも、デベロッパーモードは必要ありません。

開発者であるあなたが、あなたのデバイス上でアプリケーションをアクティブに開発している場合にのみ、デベロッパーモードが必要となります。


デベロッパーモード

デベロッパーモード

まず、デベロッパーモードのメニュー項目が表示されるように、あなたのデバイスを Xcode に接続する必要があります。

ダウンロードしたベータ版では、当分の間、メニュー項目は常に表示されています。

Apple Configurator 経由などで、Xcode を使わずに開発署名付きアプリケーションをインストールした場合も、メニュー項目が表示されるようになります。


デベロッパーモード

デベロッパーモード

開発者モードをオンにするには、デバイスを再起動する必要があるので、先にそれを行いましょう。

デバイスの再起動が完了すると、もう一度確認画面が表示されます。

これで、Xcodeはデバイスがデベロッパーモードを有効にしていることを認識し、アプリケーションを実行できるようになりました。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事