NEWS

WWDC22:Apple、iOS 16のCarPlayで「給油アプリ」と「運転タスク」の2つのアプリが追加可能に

Get more mileage out of your app with CarPlay

Get more mileage out of your app with CarPlay

Appleが、WWDC22において、iOS 16のCarPlayについて解説する「Get more mileage out of your app with CarPlay」を公開しています。

iOS 14のCarPlayでは、EV充電アプリのサポートが追加されましたが、iOS 16のCarPlayでは、従来のガソリン対応車であれ、代替燃料車であれ、この新しいカテゴリーによって、給油アプリでCarPlayをサポートすることが可能になります。

多くのユーザーは、特定の場所を検索して運転するためにナビゲーションアプリを使用しているため、給油アプリで実現できることの例として、たとえば、ガソリンスタンドを表示することなどが上げられます。


ドライビングタスク

ドライビングタスク

ドライビングタスクは、より多くの種類の非常にシンプルなアプリを使用できるように設計された新しいタイプのCarPlayアプリです。

カーアクセサリーの操作を支援するアプリ、運転や道路の状況や情報を提供するアプリ、ドライブの開始時や終了時のタスクを支援するアプリなどが挙げられます。


ドライビングタスク

ドライビングタスク

このタイプに該当するアプリの例としては、カーアクセサリーの操作を支援するアプリ、運転や道路の状況や情報を提供するアプリ、ドライブの開始時や終了時のタスクを支援するアプリなどが挙げられます。

まず、重要な道路情報をユーザーに知らせることができる道路状況アプリを紹介します。

このアプリは、CPPointOfInterestTemplateを使用して作成されていて、このアプリを使用するユーザーは車を運転しているので、このようなアプリは、ユーザーがいる場所の近くにある重要な項目のごく短いリストを提供する必要があることに留意してください。

これは、ユーザーがドライブの前に完全なルート計画を立てるためのアプリを意図したものではありません。


ドライビングタスク

ドライビングタスク

次に、カーアクセサリー(ここではトレーラーコントローラー)を制御するためのアプリケーションを見てみましょう。

このアプリケーションでは、CPInformationTemplate を使用して、接続されたアクセサリーの基本的な情報と、ユーザーがアクションを起こすためのいくつかのボタンを提供しています。

この例では、これが CarPlay でのアプリの UI 全体で他の画面はありません。

もちろん、このアプリには、ペアリングされたアクセサリーを管理する機能など、他の機能もたくさんありますが、運転に必要ない機能は、そのアプリのCarPlay UIに含まれていないだけなのです。


ドライビングタスク

ドライビングタスク

最後に、CPGridTemplate を使用したいくつかの例を見てみましょう。このアプリは、2つのボタンがあるだけの非常にシンプルなものです。

このアプリでは、ユーザーが個人的な走行距離とビジネスでの走行距離を記録することができます。

このアプリは、運転中にユーザーが行う必要のある非常に単純なタスクを実現し、他の重要でないタスクを有効にしないので、新しい ドライビングタスク アプリのタイプに完全に適合しています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事