NEWS

Bloomberg:Apple、従業員のオフィス復帰を早くて2022年1月まで延期

Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、Appleは、新型コロナウイルスの感染急増や新たな変異株の流行を理由に、オフィス復帰の期日を早くても2022年1月とし、従来の2021年10月から延期すると、8月19日にAppleのワールドワイドセールス&オペレーション担当バイスプレジデントDeirdre O'Brien氏が従業員宛てに送った文書で明らかにしたと伝えています。

現在のところオフィスやApple Storeの閉鎖は予定していないことも明らかにし、Deirdre O'Brien氏はスタッフに予防接種を受けることを強く勧めているそうです。

Appleは、ワクチン接種やPCR検査を義務付けることはまだしていませんが、検査プログラムを週に3回もの家庭でのコロナウイルス検査に増強しているそうです。


関連エントリー:Bloomberg:Apple、従業員に2021年9月から職場復帰を要請


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事