NEWS

Fast Company:Apple幹部、AirTagを子供やペット追跡に使用するのは推奨しない

Fast Companyが、Appleの発表した「AirTag」に関して、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当ヴァイスプレジデントKaiann Drance氏、センシング&コネクティビティ担当シニアディレクターRon Huang氏へのインタビューを掲載しています。


Drance氏は、AirTagは、子供やペットではなく、物を見守るために設計されていると説明し、小さな子供を安全に追跡したい場合は、Apple Watchのファミリー共有設定を利用するのが良いと話したそうです。

ペットにAirTagを付ける場合「もしそうするなら、移動中のペットが探すネットワークに登録されているデバイスの範囲内に入るようにして、その位置を追跡できるようにしなければなりません。」と説明したそうです。

Huang氏は、AirTagにはペアリングロックという独自のセキュリティ機能があり、落とし物を見つけた人がAirTagを奪って自分のものにしてしまうことを防ぐことができる機能が搭載されているそうで、これはiPhoneのアクティベーションロックと同じような機能だと説明しています。


AirTagは、ペアリングされたデバイスから一定時間離れると、自動的に音を出して周囲の人に存在を知らせます。現時点では、ペアリングしたデバイスから3日間離れないと音が鳴りませんが、将来的にはソフトウェア・アップデートによってこの時間を長くしたり短くしたりすることができるそうです。

ストーカー防止対策も十分考慮していて、悪意のある人物が、AirTagをユーザーが所有する持ち物に紛れ込ませても、自身が所有するiPhoneがそれを検知してアラートを表示するよう設計されていて、見つけられない場合でも、AirTagが音を鳴らし始めるそうです。

もし、自分が追跡されているのではないかと心配な場合は、警察に連絡することもでき、AirTagを最初にセットアップしたときに、Apple IDとペアリングされ、名前、メールアドレス、生年月日などの追加情報が含まれているため、求められれば、適切な令状と手続きを経て、法執行機関に提供することができる準備ができているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事