NEWS

Apple、COVID-19対策支援のため、モビリティデータを利用可能に

Mobility Trends Reports

Mobility Trends Reports

Appleが、COVID-19対策支援のため、Appleマップのナビゲーションデータを集計し、都市、国や地域の移動傾向を提供すると発表しています。

この「モビリティデータ」は、自治体や保健当局に有益な情報を提供するとともに、人々がコミュニティ内で徒歩や自動車、公共交通機関を利用して移動する量の変化を表示することにより、新たな公共政策の基盤として利用することが可能になるそうです。

AppleマップではモビリティデータとユーザーのApple IDとの関連付けは行われず、Appleはユーザーの移動先に関する履歴も保存しません。

また、新しいウェブサイトでは、Appleマップの使用状況を集計したデータを利用し、主要都市および63の国と地域の移動傾向を表示します。

Appleマップで経路が検索された回数を数え、収集されているデータと比較することによって、人々の徒歩、自動車、公共交通機関での移動量の変化として世界各地のデータに反映されます。

利用可能な都市、国、地域は、1日あたりの経路の検索回数の下限など、いくつかの要因に応じて決まるそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事