NEWS

Apple、ワイヤレス充電器「AirPowerマット」の開発を中止

AirPower

AirPower

TechCrunchが、Appleのハードウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントDan Riccio氏は、2017年9月12日に開催した「Apple Special Event September 2017」において発表したQiワイヤレス充電器「AirPowerマット」に関して「Appleが求める高い製品基準を達成することができなかったとしてプロジェクトを中止した。今回の発売を楽しみにしていた顧客にお詫びします。」とメールの中で述べていると伝えています。


Wireless Charging Case for AirPods

Wireless Charging Case for AirPods

AppleのAirPodsシリーズ用Qiワイヤレス充電対応バッテリーケース「Wireless Charging Case for AirPods」のパッケージ裏にAirPowerマットのイラストが掲載されていると以前記事にしましたが、AirPods (2nd generation)を含め、パッケージには「2018」との表記があり、これらの製品は2018年中に発売する予定であったにも関わらず、AirPowerマットの開発の遅れにより先延ばしされていた可能性があります。


AirPowerマット

AirPowerマット

AirPowerマットに関する事情に詳しい人物によると、Qiワイヤレス充電対応製品だけでなく、Apple Watch Series 3も充電可能にすると説明していたこと、AirPowerマット上の端など、どこに置いてもワイヤレス充電可能にしようとしていたことなどにより、ワイヤレス充電コイルを複数重ねて配置するなどしていたが、思うように進んでいなかったようです。

少なくとも2018年末頃まで開発は継続されていたようですが、2019年度第2四半期末の段階で中止することになったと考えられます。


関連エントリー
AppleのWireless Charging Case for AirPodsパッケージにAirPowerマットのイラストがある
Apple、Qiワイヤレス充電マット「AirPower」の製品を画像を削除
Apple、AirPowerに関する特許「Inductively chargeable earbud case」を出願
Apple、Qiワイヤレス充電器「AirPower」を発表


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事