NEWS

Apple、USB-Cに求めるのはTID認証番号のみと説明

充电头网より

充电头网より

Appleは、2018年12月4日〜7日の期間、中国の深圳にて「MFi Supplier Conference 2018」を開催しました。

今週月曜日に発行されたMFi技術仕様「R30」に関して説明し、予告していた「Lightningコネクタの更新」を式に実施すると発表しました。

デベロッパーに対して、これまでのLightning Audio Module 2を超小型化した「Apple 2 Module」をプレビューしました。

USB-Cに関しての質問に対して、Appleが求めるのは、USB協会が認定したケーブルが持つ認証番号「TID」(Test ID)のみで、それ以外の要求事項はないと回答しています。

Appleは、MFi Manufacturing License工場に対してのサプライヤー責任要求を高めているとも説明しました。


関連エントリー:Apple、サードパーティ製USB-C - Lightningケーブル製造を認可する方針


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事