NEWS

Apple Parkに導入された建築技術

Structural Engineers Association of Californiaが、2017年9月13日〜15日にかけて開催された「SEAOC 2017 CONVENTION」において、Clark PacificArupが、Apple Park建設における技術報告書「Apple Park Precast – Integrated Architecture, Structure, and Mechanical Services in a Long Span Floor System」を公開していました。


オフィススペースの重要な建築的特徴の1つは床から天井までに達するガラスの仕切りですが、耐震に対する構造的課題として、水平揺れよりも垂直揺れに対する安全性能を確保することが難しかったようで、ダブルT型プレキャストコンクリートでは効果がないことが判明し、中空ボイドスラブ工法を用いた軽量コンクリートによる新しい構造設計により実現可能となったようです。

Appleはウルトラホワイトコンクリートを探しており、中部カリフォルニアで入手可能だった「苦灰石」(ドロマイト)と白いコンクリートを混ぜた自己充填コンクリート(SCC)を用いて複数のスラブユニットを鋳造し、それらを組み合わせる事で白い天井や壁が造られているそうです。


Apple Parkの空調システムは堅い天井構造のため、容易に変更できないことを考慮する必要があり、コンクリートの熱量を利用し、天井に放射冷却システムを設けることによって、強制送風ダクトを減らす必要があったそうです。

冷水プラスチックパイプを下面にコイル状に配置し、気候調節ゾーンで調整された回路によってコントロールすることで実現できたそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事