NEWS

Wired:Craig Federighi氏、タッチ画面のノートパソコンを考えていない理由を語る

Wiredが、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントCraig Federighi氏へのインタビューを公開しています。

WWDC2018の基調講演で、Craig Federighi氏は、iPhoneとMacのオペレーティングシステムを統合するのではないか?という話しに対して明確に「ノー」と宣言し、MacのハードウェアにiOSアプリをもたらすことに取り組んできたと語ったことについて説明しています。


このMacにiPhoneとiPadのアプリを移植するためのフレームワークは、2年前から開発されてきたと明らかにしています。

iOSのUIKitをmacOS Mojaveではアップデートされ、それにより、iOSシステム標準アプリの4つを移植することが可能になったと説明しています。

MacはiPhoneのような動作はしないとし、Macはターミナルを持ち、4台のモニターを接続したり、外付けドライブを接続したりも出来ると説明しています。

また、Federighiはタッチスクリーン仕様のノートパソコンを否定し、Macの人間工学から考えた場合、ユーザーの手はキーボード上にあり、画面をタッチするために毎回手を持ち上げる動作は疲れやすいと述べています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事