NEWS

Jonathan Ive CDO、iPhone XのFace ID技術開発は5年前から行っていたと明かす

雑誌The New Yorkerが主催したテックカンファレンス「The New Yorker TechFest 2017」に、Appleのチーフ・デザイン・オフィサーJonathan Ive氏が参加し、David Remnick記者との対談が行われました。


Appleinsiderのレポートによると、iPhone XにはFace IDと呼ぶ顔認識技術が採用されていることを聞かれると、技術開発は5年前から行っていて、大きなプロトタイプで研究してたと明かしています。

99%上手く動かず、開発サイクルの大半は失敗の連続だったそうで、このパラドックスを実現するためのプロセスが重要であり、完成するまでの経緯が記憶に残っていると話しています。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事