NEWS

アドビシステムズとGoogle、日本語、中国語、韓国語を1つのフォントで表示可能なオープンソースデジタル書体「Source Han Serif」(源ノ明朝)を発表

アドビシステムズGoogleが、日本語、中国語、韓国語を1つのフォントで表示可能なオープンソースデジタル書体「Source Han Sans」(源ノ角ゴシック)と対をなすオープンソースデジタル書体「Source Han Serif」(源ノ明朝)を発表しています。

日本語で用いる文字(約1万7千文字)、中国語で用いる繁体字(台湾と香港SAR)と簡体字、韓国語で用いる文字(ハングルを含む)だけでなく、ギリシャ、ラテン、キリルの各文字もサポートし、OpenTypeフォーマットとしては最大数の65,535文字をフォントごとにデザインされています。


Googleは、このフォントの独自バージョンを、Noto pan-Unicodeフォントファミリーの一部として「Noto Serif CJK」という名前でリリースしています。


関連エントリー:アドビシステムズとGoogle、日本語、中国語、韓国語を1つのフォントで表示可能なオープンソースデジタル書体「Source Han Sans」(源ノ角ゴシック)を発表



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事