NEWS

映画評論家、Universal Picturesの映画「Steve Jobs」を絶賛

Universal Picturesが、全米で2015年10月09日から公開する、ダニー・ボイル監督の映画「Steve Jobs」の映画レビューが公開され、それらをFortuneがまとめて掲載しています。

多くの映画評論家は、この映画を絶賛しており、アーロン・ソーキンの脚本が素晴らしいと高く評価しています。

主演は「それでも夜は明ける」で、アカデミー助演男優賞およびゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされたマイケル・ファスベンダーですが、映画の話しをドラマティックにしているのは、アカデミー賞主演女優賞を受賞し、6度のノミネート経験を持つケイト・ウィンスレット演じるMacintosh開発に関わったジョアンナ・ホフマンのようです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事