NEWS

Apple、WWDC2014で行った100以上のセッション「WWDC 2014 Sessions」の映像とスライドを一般公開

PC Onlineが、Appleは、WWDC2014において行った100以上のセッション「WWDC 2014 Sessions」の映像とスライドを、デベロッパー登録を必要とすることなく、一般公開していると伝えています。

WWDC2013までは、基調講演の内容以外、有料のApple Developer Programに登録し、NDA契約に同意することで閲覧可能で、その内容を口外することは出来ませんでしたが、WWDC2014からは、動画およびプレゼンテーションPDFのスクリーンショットを許可無く2次利用出来ないだけで、セッションの内容自体についてはオープンになったようです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事